読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
底辺からなんとかはいあがろうとするも、やる気のないダメ人間の怠惰な日常

いきなり団子

熊本かどっかの名物だったとおもう。

近所のスーパーの惣菜コーナーに、そこで作ったものが半額になってたから買ってみた。

皮にもいろいろあったのでよもぎにしてみた。

 

ちょーうまい!

スーパーだからとなめてたけど、生地がもちもちでいい感じ。

さつまいもとあんこの甘味もいいし、よもぎの香りが全体を引き締める。

もっと買えばよかった。。。

今度見つけたらまとめ買いして冷凍しておこう。

スーパーの惣菜、あなどれないな。

新人いろいろ

若い子と私より年上の新人がきた。

若い子は少し頼りないものの、根はものすごくいい子。

だからミスしてもみんながフォローしている。

 

年上は物腰こそていねいだけど、やたらとプライドが高い。

そして仕事にこだわりがあるようなことをいうけど、じつは未経験。

別に仕事ができるわけでもない。

そのうえ、ちょっと上から目線なところがあるから、ギャルたちはイライラしてるみたい。

 

同じ失敗でも、若い子のほうが許されることは多々あり、その点では年上の肩をもちたくなる。

でも、態度がアレなのでフォローしにくい。

ボスギャルの取り巻きは早くも敵対心をいだいているので、長続きするか謎。

猫どころか虫の足すら借りたい状況、やめてはほしくないのだけど。

せっかく年上がきたという安心感もあるし。

プライドが高いから、年下からいろいろ注意されるのはいやだろうな。。。

せっかく確保した新人だけど、早くも辞めそうな感じだわ。

いやだ!と思って辞められるのはうらやましくもある。

 

男はKuso!

ひさしぶりに昔の男を思い出した。

そいつはセックスのときでも説教する最悪なくそ男だった。

そんなクズにひっかかる自分のクズさを責めた。

そこまでして付き合う価値はないよね。

 

男ってセックスで欲求不満を解消するしかないのか。

それくらいKusoだった。

うんこ!

大便!

Shit!

 

いまでは顔も覚えてない。

でも、事象を思い出すたびに死ねばいいのに、とおもっている。

Kuso男は絶滅せよ!

体が動かない

自律神経がおかしくなって、体が言うことをきかない。

忍び寄る更年期、もうこんな生活は限界かもしれない。

でもね、底辺は体にムチを打っても働かないといけない。

年齢的にも這い上がることができないし。

社会保障なんて底辺にはない。

体がおかしくなっても働かないと生きていけない。

 

まともに働きだして一年、転職を考えてしまう。

せっかく仕事にも環境にも慣れたけど、このまま続けられるかといえば無理じゃないかな。

40前でもこんな状況だもん、もっと年を取ったら確実に死ぬ。

 

だからと言って職探しをしても、見つかるのは肉体労働のみ。

体を壊しかけてるのにできるものじゃないよね。

キリギリスはこのまま冬を越せずに死ぬ。

資格をとる勉強なんかする時間はないし、無理したらマジで死ぬ。

とれたところで実務経験がないアラフォーはお呼びでなく、挽回のチャンスはない。

 

定時に帰れてお金ももらえる仕事は、すでに席が埋まっている。

そこまで厚待遇じゃなくてもいい、死なない程度に細々とやっていけるようなものでいい。

そんなものはこの世に存在するのか。

引っ越すにも金がない、八方塞がりである。

少しは楽になったと思ったんだけどなぁ。

幻だったようだ。

ギャルの嫉妬

昨日は珍しく仕事でほめられた。

といっても大したことはしてないし、威張れることでもない。

ほかの人からすればふーんレベルだと思う。

だけど、ギャルに嫌みをいわれた。

 

このギャルは姫気質で、自分以外の人がほめられると顔に出る。

そしてやり方が間違ってるとか難癖をつけてくる。

それを見てきたわけだけど、自分もやられるとは思わなかった。

ホントにちょっとほめられただけだし。

しかもみんなの前というわけでもないし。

それすら許せないのか!と驚愕。

 

ただ、この人は文句を言いたいだけなんだろうから、スミマセンと謝っておけばOK。

ムカつきはするけど、適当にあしらえばいいから楽ではある。

底辺には底辺らしい考え方の人が多いんだな。

こういうノウハウ?というかお役立ち情報ってすごく大事だけど、世の中にはあまりない気がする。

反感をかうだろうしね。

でも、仕事選びの面では重要だと思うよ。

そもそも、底辺の仕事を探す人も少ないから需要なんかないのかもしれないが。

谷底に突き落とされたときの処世術ならネタがたくさんあるな。

知らない方が幸せな情報。

知らないまま生きられればそれでいい。

痛恨の一撃!

「なんか丸くない?」

 

ギャルに言われた一言。

その通りだから返す言葉もないけど、同僚にこんなズケズケ言うとは驚いた。

ゴールデンウィークに飲んだくれ、さらに生理中ときたもんだ。

丸くないわけがない。

 

さっさと生理が終わらないかなー。

と、そんな悠長なことはいってられない。

明日から断食開始だ。

酒は固形物じゃないからどうでもいい。

甘酒とお茶で乗りきるぜ!

 

といっても、痩せて何になるのか考えてしまう自分もいる。

ただの自己満だよね。

それでもいい。

がんばろう。

あきらめ

アラサーといえる年頃までは、親に結婚しろといわれていた。

ひとりではできないんですけど。

仮にこっちが願っても、相手の合意がないと契約を締結できないんですけど。

そんなへりくつをいってのらりくらりとしているうちに、アラフォーになってしまった。

 

最近では、結婚しろとはいわれなくなった。

年齢的にももう無理だと思われたようだ。

しかし、老後のために貯蓄をするようにと、しつこくいわれるようになった。

実の親から生涯独身認定を受ける。

それはそれでなんだか悲しい。

 

それでは結婚したいかといわれれば、そうは思えない。

まず相手を探すのが面倒。

ポケモンゴーでいえば、アンノーンくらい見つからない。

どこにいるかもわからないレアキャラを探す気力はない。

仮に見つかったとしても、他人と一緒に暮らすことが考えられない。

三食昼寝つき、ダラダラOK、自由に出歩けるという条件付きなら考えなくもないが、これって若くてかわいい娘さんでもなかなか難しいと思う。

ましてや喪女には不可能。

司法試験や東大合格のほうが簡単かもしれない。

 

結婚は、老後をどうにかしてもらえる希望があるなら考える。

相手が好きだ、この人と一緒にいたいと思うだけでは考えられない。

どんなに好きでも神田川のような生活はいやだし、お金がないと昭和枯れすすきになってしまう。

私は他人のために苦労するのは嫌だ。

いまだって苦労しているのに、さらに苦労するなんてごめんだ。

 

そもそも私を選ぶ人もなく、いてもアンノーンばりに遭遇できないので考えるだけ無駄だけど。

宝くじが当たったら実家を建て直してのんびり暮らそうとは考えるけど、誰かと暮らしたいとかはない。

結婚したって他人だし。

親とだって一週間も一緒にいるとイライラするほどひとりをこじらせているので、このままひとりで生きていくのだと思う。

無縁仏になるのはやむを得ないが、なるべく親族に迷惑をかけずに終わりたい。

そのためには身辺整理をしておかないと。

まだまだ先のことだけど、孤独死するだろうから、それだけはちゃんとしようと思う。

やっぱり金が必要だな。

まずは生活を建て直したいけど、もはや無理っぽいので、将来は生活保護がもらえるようにがんばろう。