読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
底辺からなんとかはいあがろうとするも、やる気のないダメ人間の怠惰な日常

好きなアイドルソング1「前のめり」SKE48

このブログのカテゴリ?ジャンル?は音楽だ。

いつもまったく関係ない不満ばかり綴っているけど。

音楽は好きだし、中途半端に知識はある。

それすら忘れかけているうえに、かなり半端すぎて使えないけれど。

 

ロックもクラシックもいろいろ好きだけど、そのなかでも好き歴がながいのはアイドルソング。

歌唱者の能力が低くて評価されにくいけれど、プロの音楽家がつくるものもあって良曲はかなり多い。

子どものころから好きなジャンルである。

 

ここ数年で一番のヒットは、SKE48の「前のめり」。

キラキラ輝くメロディーとテンポのよい疾走感がTHEアイドル!って感じだけど、そのなかに切なさが絶妙に盛り込まれている。

とくにサビが秀逸。

 

もう一度走ろうか~と、居ても立ってもいられず、の頭の音。

ここは半音下がっているように聴こえるけどそれがたまらなくよい。

この半音ずらす感じはJ-POPによくでてくるけど、切なさがものすごく感じられる。

↑中途半端だからこれをなんといえばいいかはわからない。。。

 

松井玲奈の卒業シングルだから彼女に向けて書かれたのかもしれないけど、歌詞がぐさぐさと刺さる。

サビもいいけど、二番のBメロがかなり刺さる。

 

僕の情熱は大人になるたび聞き分けがよくなって

急ぐ理由を忘れてしまった

 

そうなの、熱い気持ちは現実という冷たい風にさらされることで温度を奪われていく。

心の底にマグマのように眠っていても、それを起こすことはためらわれる。

自分で自分の可能性を決めつけて無難に生きる道を選んでしまう。

だからこそ、こんなにキラキラした未来が待っている「君」がまぶしくて直視できない。

聴けば聴くほど凹むけれど、それと同時になぜか前向きな気持ちがわいてくる不思議な感覚。

 

この曲を初めて聴いたのは、何かの歌番組だったとおもう。

AKB48はしってても、SKE48の歌はサビを聴いたことあるかも?程度だし、テレビでみても聴き流すくらい興味がなかった。

この曲が披露されたときも何かの作業をしていて積極的に聴こうという体勢じゃなかったと思う。

でも、イントロを聴いてなんじゃこの曲はー‼と思い、テレビに釘付け。

メロディーに先にやられたけど、聴いていくと歌詞もよくてパフォーマンスではなく字幕を追っていた。

 

終わってからもサビを反芻した。

たまたまその番組を録画してたので再びみた。

私は松井玲奈のことはよく知らなかった。

SKE48で人気があってAKB48の選抜にもいる、人気がある子なんだろうけどその割には地味な印象。

顔と名前は一致してもその程度の認識だった。

歌唱力やダンスのうまさもわからないけど、彼女の表情や動きが曲のイメージにあってるな、と感じた。

この曲もオリコン一位になってるだろうが、一般知名度は低い。

でも、もっと売れていい曲だと思う。

アイドルという先入観をとっぱらえば、かなり受け入れられると思うんだけどね。

今から注目されても主役が卒業してるから意味がないし、本当に残念だ。

 

前のめり

前のめり

米に合うもの

貧乏人がまず切り詰めるのは食費。

とりあえず米はあるので、空腹はしのげる。

梅干しもあるけど、それだけでは寂しいし、栄養が足りないので何を加えるか考える。

 

料理はそれなりにできるつもりだが、とにかく時間がないしやる気もない。

その分、寝ないと体が持たない。

そこで最近は、豆腐丼ばかり食べている。

これでもダメなのはわかってるけど、ふりかけよりは体によさそうだし。

しかも安いし。

 

納豆も食べるけど、豆腐の方がボリュームがあってよい。

薬味や野菜なども一緒にのせてかきこむ。

まさに底辺飯だけど、意外とうまいし飽きにくいのがいいところ。

たまに時間があれば野菜をなんでもぶちこんだスープのようなものを作っている。

 

カロリーはかなり低いはずなのに、やっぱり痩せない燃費のよさ。

石油に頼らないことを考えているサウジのみなさん、ぜひ研究してください!

経済にやくだつかはわからないけど、飢えを減らすことはできると思う。

ある意味、代謝異常だけど。

貧乏暇なし

働けど働けど我が暮らし楽にならず。。。

ワーキングプアを体現している。

これじゃ精神がやられるわ。

自棄になって罪をおかす人の気持ちはわかりたくないが、そうせざるを得ない状況だったんだろうなと想像することはできる。

 

週末は仕事が死ぬほど忙しく、何をしているかわからないくらいだった。

人手が足りなすぎる。

それなのにベテランはやめるし、新人も採用されないし、来月からやっていけるのだろうか。

職場の心配よりも自分の体が心配だ。

 

それでも生きていく。

こんなタイトルの映画だかドラマがあったと思うけど、どんな話しか忘れた。

ここ最近、昔の記憶がどんどん薄れていて、同級生の名前とか思い出せないほどだ。

新たなことを覚えるたびに上書きされている模様。

脳細胞は死滅する一方だし、風邪か花粉かわからないけど鼻水は止まらないし、いろんなことがいやになる。

あー、早く楽になりたい。

死ぬって意味じゃなくて、普通の生活が送れるレベルになりたい。

こんなダメなままでは人生終わらせられないし。

 

何千万も振り込んでくれるという迷惑メールの主よ、遠慮せずにいますぐ送ってくれないか。

表に出せない金なら手渡しでもいいよ。

パスポートもあるし、海外でもとりにいくいから!

本当にもらえるならね。

 

たしかサウジの国王だかが来日中だと思うけど、その取り巻きの金持ちとぶつかって見初められて。。。なんてイベントは起きないのか。

まずは食パンをくわえて走り、曲がり角で急発進しまくるしかないか。

そもそも、そんな要人がこの辺をお忍びでも歩かないと思うが。

都内をパンをくわえて走ってたら不審人物だし、お忍びの要人と遭遇するなんてフィクションの世界でしかありえない。

そんなことを考える暇があるなら、庶民は汗水流して働けってことだ。

私の運命の赤い糸はどこかでちぎれた挙げ句、からまりまくって水に濡れて腐りつつあるとしか思えないが、それを奇跡的にお金持ちが拾ってくれますように。

その瞬間、がんじがらめにして動けなくしてやるー!

 

しかし現実ではそんなことはなく、たとえ拾われてもギャンブル狂やどうしようもないダメ人間なのがオチ。

顔とかスタイルはどうでもいい、普通の人でいいけれど、なかなか遭遇できないものだね。

普通じゃない人にはたくさん遭遇するのに。

分相応という言葉が身にしみる。

かきたま汁

かきたま汁が無性に食べたい。

しかも、給食にでたきたチープな味のやつ。

玉ねぎとわかめ、そこに卵が入っていて、インスタントか何かわからない出汁の味がするやつ。

決しておいしいものではないけど、THE給食って感じがして好き。

あのにおいがたまらない。

 

あのビミョーすぎる味わい、どうやって作るんだろう。

そういえばシイタケも入っていたような。

顆粒だしで作ってみようと思ったけど、豆腐が大量にあるからまずはそれを消費しないと。。。

豆腐のかきたま汁でもいいんだけど、それはなんか違う。

考えるほどに食べたくなってきて、いまなら配膳のバケツみたいな容器ごといけそうな勢いで求めている。

 

かきたま汁にはごはん、といきたいけれど、たまにパンの日もあった。

栄養バランスやコスト管理のせいだとしても、子どもながらにコレジャナイ感があった。

合わないとはいわないけど、パンと一緒に食べたい汁ではない。

いまでもこんなアンバランスなのだろうか。

先割れスプーンをつかった思い出がよみがえる私は立派な昭和生まれ也。

ゆとり脳

昨日はものすごく忙しかったけど、ゆとりはさくっと帰った。

時間だからそれを咎めることはしないが、誰にもいわずに消えたのである。

ゆとりはどこへ行ったの?

職場は軽くパニクった。

 

ゆとりの退社時間を責任者が把握して、その少し前から声かけをすればいいのかもしれない。

でも、ちょうどそのタイミングで手がはなせなくなったら?

ほかの人もそれどころではない。

それなら上がりますと一声かけるか、メモでも渡してくれればいいのに。

相変わらず仕事は放置だからギャルたちは激おこ。

しかし、怒っても意味がないと悟ったようで、いないものとして扱うことにしたみたい。

 

ゆとりのやりかけたものを処理してたらほかに支障がでて、おっさんたちも激おこ。

残された私たちが尻拭いさせられる。

せめて報連相はしてくれよ。。。

今までバイトとかしたことないのかな?

悪い子ではないんだけど、典型的なゆとりだから昭和生まれの私たちは取説がなくて困っている状態だ。

仕事とは、なんて教えるとこからはじめるほど、いろんな面で余裕がないし。

でも、このままでは困るので、この人は何もわからないという前提で、仕事にきたらあいさつをする、それからこれをする、ということを一から教えていかないといけないと話し合った。

 

もうひとつ気になるのは、始業前に必ずトイレへ行くこと。

生理現象だから悪くはないけど、毎回行くのに職場へ到着するのはギリギリ。

仕事を始めるころには始業時間を過ぎていたりすることもある。

仕事中のトイレがOKだから、始業時間後でも大丈夫、という考えなのか。

異常に長いのだから、早めに来て用を足すなり、身なりを整えるなりすればいいのに。

したっぱがやるべき雑用をやらなかったり、自分がやるべきことをまったく理解していないのかもしれない。

これは何度も教えてるんだけどな。。。

これがゆとりか

若いからこうだ、という決めつけはよくないし、ゆとり世代でもしっかりした人がいるのはわかってる。

でも、新人はTHEゆとりなので驚かされる。

 

たとえば書類の整理をしていたとき、「途中でやめてあがっていいよ」といわれたとしよう。

手を止めてさくっと上がることは何一つ悪くないが、残っているのが一ヶ所だけホチキスで止める作業だったらどうか。

それですべてが終わるなら、やってしまえばいいのにと思う。

もちろん、そのことによって自分の予定が崩れるわけでもなく、残業代が発生するなどコストにも影響がなく、誰かに教えるためにとっておいてほしいといった事情がないのだから。

 

しかし新人は、言われたままに中途半端な状態でもさくっあがってしまう。

もちろん引き継ぎはなし。

あがっていいといわれたら、それを文字通りに受け取ってしまう。

 

残されたほうは、何がなんだかわからず途方にくれるのみ。

ギャルたちも怒りこそしないけれど、深いため息をついていた。

こういうことから教えないといけないのか。。。

 

指示に従っているので、決して悪いことをしているわけではない。

でも、仕事ってそう割りきれるわけでもない。

医者が定時だからといって、開腹したまま帰っちゃったら困るでしょ。

これってゆとりだからというより、親の教育や人間性の問題なんだろうな。

それを社会が教えないといけないとは。

 

常識とは

新人が誰にも相談できないと嘆いていたのでLINEを教えた。

私に教えられることはあまりないけど、話くらいは聞けるから。

交換し、自分からは連絡しにくいと思って簡単なメッセージを送ったものの、それに対する返事はない。

スタンプも来ない。

既読だけがついていた。

 

こういうときって、一言でも返すべきなんじゃないの?

そう思う私はうるさいババアなのだろうか。

即レスなんか求めてないけど、1日経っても音沙汰なしってどうなのか。

向こうからすれば勝手に送ってきたからスルーということなのかな。

平成生まれの考えてることはわからない。。。

 

人のためになにかをしても見返りを求めてはいけない。

言葉すら返ってこないと思わないとダメ。

なんだか寂しい世界だね。

私はそこまでできた人間ではないので、少なくともこの新人を自分からフォローしてあげようとは思わなくなった。

ギャルたちがスルーしてたのもそのせいか。

いや、あの人たちは最初、誰に対しても壁を作るから関係ないか。