読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
底辺からなんとかはいあがろうとするも、やる気のないダメ人間の怠惰な日常

喪女、アラフォーにして求職する

世の中で独身アラフォー、しかも金のない女は限りなく底辺に近い。

ほぼニート状態(ニートって35歳までだったような?)で野垂れ死ぬしかないので、がんばって仕事を探すことにした。

そんなダメ人間の記録を公開しようと思います。

 

求職活動のあれこれだけでなく、こうなってしまった経緯なども。

たまに愚痴や気になったことなんかも入れ込みながら。

結構ダメダメLIFEですが、心身ともに健康体のためそこまで病まないはず。

 

寝転びながらフロムエーやバイトルなんかをみていると、独身アラフォー女の需要のなさがひしひしと伝わってきて苦しい。

同い年でも主婦のパートは歓迎されるのに、しかも「ブランクOK」「子育て応援!」とかいってシフトまで優遇する気マンマンだけど、独身になると話が変わってくる。

 

「独り身なのにいまさら仕事を探してるって悲惨じゃね? つか、なんでまだ結婚してないの?」

 

そんな無言の圧力を感じるわけだ。こっちはブランクなんかないのにさ。

そして、社員にしろとも保険に入れろともいってないのに。

まだ子どもを産む可能性があり、いつ産休に入るかわからない人よりも、妊娠する可能性ゼロ、出張・残業、どんとこい! というほうが使い勝手が良いと思うんだけど。

世の中はママをやたらと活躍させたいようだけど、独身になるとどーでもいいらしい。

 

仕事も選べなくなってくるよね。別になんでもいいんだけど。

ナイトワークは年齢制限こそないものの「20~35歳までの女性が活躍中!」とかいって遠まわしに断ってくるからね。

そんなところで面接したら、泣きを見るのはたしか。

 

というのも、以前、「40代も活躍中!」という場末のスナックに面接にいったことがある。

人気のないところで、いつ目の前を通っても客がいる気配がしないのに、時給2000円だったから。

でも、電話で年齢を告げていたにもかかわらず、「本当にきちゃった」的なことをいわれたときにはUターンしたくなった。いや、するべきだった。

どうやら40代というのは「銀座や六本木の元ナンバーワンならOK」ということだったらしい。

 

だったら、そう書いておけ!

 

合否は電話で、採用する人にのみ連絡するといわれたが、もちろん連絡はなかった。

喪女のくせに水商売へ飛び込んだ私がバカだし、求人広告を鵜呑みにしたのがいけないんだけどさ。

 

求人広告といえば、本当にあてにならないことばかり。

「事務職」の募集のはずがAV関連の仕事を頼まれたり。

求人広告の営業ってかなり大変なのは知ってるけど、そんな会社を載せないでほしい。

 

学生時代から求人紙のせいで痛い目にあっているので、そんなことも書いていこうと思う。

求人関係の会社の「中の人」を何社も見てきたから、そいつらへのうらみもこめて。

 

あれ、やっぱり病んでるわ。