読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
底辺からなんとかはいあがろうとするも、やる気のないダメ人間の怠惰な日常

特殊能力

自分にあると思っている特殊能力。

それは、嫌いな人間を退職させることだ。

社内では通用しないけれど、取り引き先とか仕事でかかわっているイヤな奴がいると、そいつへの恨みが怨念になるのか、退職してくれることが多い。

転職、寿、クビ等々、理由はいろいろあるけれど、辞めてくれれば結果オーライ♪

二度とかかわらなくて済むのだから。

 

憎しみが爆発して半年~1年以内に辞めるケースが多いけれど、1人だけいつまでたっても辞めてくれない人がいる。

その前に別の憎い人が何人か辞めていても、奴だけはいつまでもしがみついている。

なので、この特殊能力も偶然かもしれないし、嫌われ者だからいずれ辞める運命だっただけなのかもしれない。

 

でも、久しぶりに嫌いだった人から退職のご報告メールが届いて、改めて自分の能力(?)に自信がついた。

元カレは、仕事で許せない相手は呪いまくって退職どころか人生がめちゃくちゃになるほどひどい目にあわせてやる!と意気込んでいて、実際になぜかそのとおりになっていた。

陰湿カップル、ある意味、お似合いだったのかもしれない。

お金にルーズでダメな男だったから二度と付き合いたくないけれど。