読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
底辺からなんとかはいあがろうとするも、やる気のないダメ人間の怠惰な日常

貧乏人の味方

いま住んでいるところは芸人の卵も多く、あんまり所得が高くない人が少なくない。

私もそのひとりではあるが。

おかげで物価が安く、食費の面でかなり助けられている。

 

テレビにでてくる節約主婦のように、1円でも安い店をめぐるということはしない。

その調べる手間や移動時間を考えると、働いてお金を稼いだほうがプラスだし。

そんなことをしなくても、キャベツが2玉100円以下とか、そういう安いものが結構あるので大丈夫。

肉や魚も、夜になると半額になるし、がんばらなくてもエンゲル係数が低くなるのはありがたい。

 

住所を得たら税金をとられるし、真っ裸で暮らすわけにもいかない。

かすみを食って生きていけるほど達観してもいないから、人間って生きるだけでお金がかかる生きもの。

生活保護以下の収入でも税金をとられるからね。

生活保護を受けたら非課税になるなら私にもOKしてくれませんか?

そう役所にいってもスルーされた。

事情があって生活保護を受ける人を否定しないし、守られるべきだとも思うけれど、そうではない人には厳しいシステムが納得できない。

おそらく近所には同じような立場の人が多いと思われる。

昼から路上で腐っているオジサンとかもいるし。

 

税金を払うのはやむをえないが、貧乏人からもとるのは勘弁してほしいところ。

そして、まさに血税を無駄にしないでいただきたい。

納得できる使い道ならいいのだけど。

どうせお前らの私腹を肥やすだけなんだろうなーと思うと、働くことがばかばかしくなるよね。

そのうち独身税とか本当に実現してしまいそうだから、選挙にはちゃんといかないとダメだな、と思った。