読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
底辺からなんとかはいあがろうとするも、やる気のないダメ人間の怠惰な日常

めんどくさがりや

家にいるときは、ほとんどパソコンの前にいる。

テレビも近いし、メイクや食事はもちろん、寝るのもこのあたり。

移動するのはトイレと風呂くらいか。

台所は狭くて料理をする気になれないから、あんまり使わないし。

料理はできないわけではなく、むしろ人並み以上にできると自負してはいるが、本当に狭いからやだ。

ロフトで寝られるのにほとんど行かず。

だって、夏は暑くて冬は寒いんだもん。

断熱性が低すぎる。

 

自分のいる場所を中心にものをおいていくので、汚部屋すぎて困る。

毎日が障害物競走。

平衡感覚が養われまくりだ。

人は食べたり寝たりしないと死ぬが、掃除をしなくても死なない。

病気になることはあっても、すぐには死なない。

幸い、昭和生まれの雑菌力が発揮されているので、目だったトラブルもない。

 

誰かに迷惑をかけるわけではないし、掃除って本当にめんどうだし、モチベーションがあがらない。

風水上は最悪だけど、きれいにしたって運気なんかあがらなかったYO!

友だちはもちろん、親すら家に呼ぶつもりはないので、何かに支障をきたすまではこのままでしょう。

 

放置しまくってるものが多いから、家にあるものの半分以上はいらないものだと思う。

実際にいらない。

でも、捨てるとお金がかかるものもあるし、何から手をつけていいかわからなくてそのままだ。

毎日少しずつっていうけどさ、そんな時間があったらほかのことをしたい。

そのくらい、掃除についての優先順位が低い。

たぶん、掃除をするか、難関資格の勉強をしなくてはいけないか、どちらかを選ばなくちゃいけないなら勉強するわ。

学生時代に大嫌いだった漢文の勉強をしてもいい。

五言絶句も覚えまくるぜ。

 

すっごくきれい好きな人と付き合ったときには、すっごく大変だった。

家に姑がいるような感じ。

きれいの基準が違うし、相手の家では動くだけで怒られそうで苦痛だった。

だから続かなかったんだけど。

だからといって、家に鍋が転がっている家はイヤだったわ。

さすがにあれはない。

目くそ鼻くそレベルではあるが、食器類を床に置いたらおわりだと思う。

 

片付けないとものをなくすというけれど、一瞬、どこかへ行ったと思っても、結構すぐに見つかる。

貝塚というか、地層というか、積み上げられたものたちのなかから、さくっと見つけ出せたりする。

記憶力は悪くないので、どこにあるか意外と覚えているのだよ。

そうした無駄な能力がさらに掃除から遠のかせる。

 

とりあえず死ななきゃいい。

やばくなったらそのときに考える。

キリギリスのような人生だもん。