読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
底辺からなんとかはいあがろうとするも、やる気のないダメ人間の怠惰な日常

ギャルなのに

ギャルといえば派手なメイクにこってりネイル、これが当たり前だと思っていた。

しかし、最近出会ったギャルたちは、ことごとくシンプルな爪なのだ。

つけまつげはつけているし、香水もむせかえるほどくさいのだけど。

ネイルは自由な職場だし、メイクやファッションとあわせるならコテコテOKだと思うんだけど、色すらついていなかったりする。

ついていても、ベージュ系のシンプルなもの。

なぜだ???

 

私はギャルが多い職場で働くにあたり、がんばってマニキュアを塗ってみた。

これまで何もしてこなかったのに。

でも、こんな感じなので、ひとりだけはりきったように見えてしまう。

ギャルがシンプルなのに、喪女の爪は色つき。

どう考えても浮くだろ。

 

ネイルはあまり好きではないから除光液で落としてしまおうかとも思うけれど、それ以外の要素で派手な部分がないから、爪くらいはこのままのほうがいいのか。

誰も見ていないならベースコートくらいでいいのか。

まだわからないことだらけで悩む日々。

何をしてもギャルは受け入れてくれる広い心を持っているが、やっぱり気になってしまうのである。