読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
底辺からなんとかはいあがろうとするも、やる気のないダメ人間の怠惰な日常

化粧は崩れる

今日、仕事中にトイレへ行ってがくぜんとした。

わかっちゃいるけど、化粧が崩れているのである。

そりゃ崩れるさ、アラフォーだもの。

毛穴ぱっくりは予想していたけれど、ほうれい線までくっきりしていたのはショックだった。

今まで出なかったのに。。。

崩れにくいメイク法とか、下地とか、がんばってこだわってみたけれど、寄る年並みにはかなわなかった。

残念!

 

ベースメイクは命。

ほかはごまかせても、肌の質感だけは時間とともに年齢を如実にあらわしてくれるから。

いいのよ、遠慮してくれて。

もうこんな時間になってしまったけれど、がんばって改善策を練ろうと思う。

 

今日は、初日にお世話になったボスキャラ系ギャルと一緒だった。

私の年齢をどこかで聞いたからか、敬語になっていた。

ギャルは意外と上下関係に厳しい模様。

いいんだよ、下っ端なんだから。

しかも、一番ぺーぺーのくせに最年長という、誰もが扱いにくい状況を作り出しているのだから、遠慮なくタメ口でお願いします。

敬語を使われると余計年齢を感じてしまうから。。。

 

それにしても、この職場ではなぜか年齢を聞かれることが多い。

世間話の一環なのかもしれないけれど、ほっといてくれないかしら。

とりあえず30歳ってことにしておいて、といったりすることもある。

そのための生年月日や干支も調べてみたが、ほかの人からだだ漏れなので意味はない。

個人情報なのにー!

 

アラサーのなかにひとり、アラフォーが混ざったおかしな環境。

そして、ギャルのなかに喪女がひとり。

どうして雇ってくれたのか、本当に謎である。