読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
底辺からなんとかはいあがろうとするも、やる気のないダメ人間の怠惰な日常

男のプライド

アラフォーになると男を選り好みしている場合じゃないとはよくいわれる。

でも、絶対に譲れない条件のひとつに「学歴」がある。

自分よりも低学歴の人とはうまくいかないから。

 

私は相手の学歴を気にしないけど、相手がどうしても気になることが出てくる。

それは知識差ではなく、ケンカしたときなどに「女のクセに」という言葉で放出される。

あ、この人、コンプレックスだったんだ。

そう思うとさめる。

 

すべての人がそうだとはいわないけれど、多くの男はやっぱり女を自分よりも下に見たいものだと思う。

学歴や収入など、何かしら自分よりも秀でた場合は疎ましく感じるというか。

それを最近、ものすごく感じる。

 

それは学歴ではないんだけど。

ポケモンGO」である。

世間話でやってますよーみたいな話になったとき、自分よりもレベルが上だとすっごくつまらなそうな顔になる。

自分が持っていないポケモンをゲットしていると悔しがる。

え? そんなことでも負けないとダメなの???

合コンとか男女の出会いを求める場でもないのに?

こんなことくらいで「お高くとまって」といわれても。。。って感じ。

悔しかったら課金してでも超えてみろ。

たかが20そこそこなんだから。

 

暇だからこれしかやることないんですーといってあげると、「おれは仕事が忙しいから仕方がない=こいつに負けた理由ができた」と、態度がころっとかわるあたり、負けず嫌いというか、くだらねぇ男だと思う。

どんだけ女に負けたくないんだ!

そこで適当にかわすことがモテへの道。

それは茨どころかブラックホールのような世界である。

そりゃ、「合コンさしすせそ」が活躍するわけだ。

 

とにかく「すごーい」とおだてればいい。

職場でモテたいとは微塵も思わないけれど、処世術のひとつとして学んだことだ。

社会って難しい。