読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
底辺からなんとかはいあがろうとするも、やる気のないダメ人間の怠惰な日常

新たなギャル

美人ギャルが去り、新たなギャルがやってきた。

どうしてこうもギャルばかりやってくるのか。

そんなところになぜ私が採用されたのか。

本当にわからない。

 

このギャルがいままでで一番ギャルっぽいかも。

見た目も中身も。

いろいろとぶっとんでいてついていけないけれど、意外と気遣いのできる人。

紹介かつ経験者だから仕事はできるし職場へもすぐなじんでいる。

ギャルのコミュ力、本当にすごい。

 

久しぶりに会ったラスボス系ギャルはますます貫禄を増していた。

率先して嫌な仕事をスルーして、巧みに押し付けてくる。

あの流れは見事だ。

うまく立ち回る様は職人レベル。

先輩とはいえ激しく上から目線だし、ちょっと苦手ではある。

 

でも、この人は低レベルな職場では珍しく常識がある。

新人ギャルはまったくない。

基本、誰でもウエルカムなのか、掃き溜めのような職場である。

 

そして相変わらず利益が出ていない。

それなのに社員旅行を企画しているっぽい。

さすがにこれはパス!

こんな状況じゃ自腹だろうし、何泊もギャルとともに過ごすのは地獄だって。。。

これは何がなんでも阻止しよう。

 

ギャルにまみれて数ヶ月、いまだに慣れることはない。

そんな自分がすごいと思う。

少しは慣れろよ、と思うけれど、この環境に慣れるのは危険である。

だって、四国って何?に慣れるということだもん。

ないわー。

 

ダメ職場ではあるけれど、そこにいる自分も同類ということ。

でも、ギャルにはなれないし、ならないけどね。