読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
底辺からなんとかはいあがろうとするも、やる気のないダメ人間の怠惰な日常

インターナショナル

外国人が多い我が町。

日本語以外の言語が飛び交っている。

しかし、英語はほとんど聴かず、アジア系かラテン系ばかり。

何をいってるかさっぱりわからない。

 

今日は家の前でラテン系がもめていた。

男2人に女1人がわめいていたので痴情のもつれか?と思ったけど、それぞれに言い合いしていたから意見交換か口論だったのかも。

しばらくしたら笑いながら3人でどっかへいったし。

どうでもいいけど、うるさいからひとんちの前ではやめてほしい。

 

その様子を見ながら日課のポケストップ巡りに出掛けたが、少し離れたところでラテントリオを観察する謎の男がいた。

ラテン系が少し移動すると彼もばれないようになのか移動して、そこからまた見物しているのである。

アジア系にみえたが、あれはなんだったのか。

野次馬?

言葉も違う上に文化も異なる人種がごちゃまぜなので、奇妙な光景がたびたびみられる。

 

こんなにも国際化が激しいけれど、地元民は彼らと交流することを拒んでいるようだ。

治安を乱すわけでもないけれど、異質なものは受け入れられないのは鎖国DNAなのだろうか。

私も関わる機会がないし、積極的にからもうとも思わないけど。

オリンピック前にさらに外国人がふえるといわれているが、どうなるんだろうか。

それまでこの街に居続けるかも不明だ。

 

といいつつ、10年以上暮らしているので、トラブルがない限りここにいることでしょう。

結婚相手でも見つかれば別だが、それまでに心を揺さぶる出会いがあるとは思えない。

ダメ男にはたっぷり遭遇するんだけど。

というか、ひとりに慣れすぎると他人との暮らしが面倒になる。

でも、扶養はされたい。

亭主元気で留守がいい。

そんな条件を受け入れる人などいないだろうし、お互いに何のメリットもないから非現実的だ。

こうしてさらに婚期が遠のいていくのである。

そもそも婚期なんてあるのか?