読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
底辺からなんとかはいあがろうとするも、やる気のないダメ人間の怠惰な日常

プチ四面楚歌

ギャルのなかでもお世話になった人がやめるらしい。

職場への不満ではなく、家の事情なのでやむを得ず。

仕方ないことだけど寂しくなる。

せっかく話せる人だったのに。

 

彼女がいなくなると、ますますボスギャルの天下だ。

嫌われてはないっぽいし、とりあえず何とかやっているけど、あまりにも人がやめすぎて彼女の取り巻きしか残ってない。

何かとやりづらいなー。

ボスギャル対策の相談もできなくなる。

取り巻きに話せば筒抜けだし、トラブルが起きないことを祈るばかりである。

 

それにしても離職率の高いこの職場でよく続いているものだ。

すぐに切れるボスギャルにも、今のところぶちギレられてはいない。

一応年上だから気を使われてるのかもしれないが。

本音はわからないけど、とりあえず逆鱗にはふれてないらしい。

 

いよいよ深刻な人手不足に陥るので、また求人をだすのかな?

新人もギャルだと居場所がさらになくなる。。。

ギャルたちってどういうわけかすぐに仲良くなるんだよな。

周波数のあうもの同士、初対面とは思えない親和性を発揮する。

しかし非ギャル(私)には声をかけつつ、すぐにはなじもうとしない。

仲良くならなくてもいいけどさ、それはそれで面倒だ。

 

もしくはギャルたちの紹介で刺客がくるかもしれない。

ゆるい職場だから、働けるなら審査は厳しくなさそうだし。

基本的に悪い人たちじゃないからいいけれど、疎外感がハンパねー‼

 

いいギャルと悪い非ギャルなら悩むけど、たまには非ギャルも採用してほしいものだ。

業績もよくないし、仕事ができるギャルがきたらお払い箱になりそうだけど。

そのときは仕方がないと割りきって次を探そう。