読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
底辺からなんとかはいあがろうとするも、やる気のないダメ人間の怠惰な日常

表の顔と裏の顔

今日はやる気が出ないので、ギャルとずっとしゃべっていた。

職場全体が暇だとたいていこうなる。

そこにある男がやってきて、「暇なら食事へ行こう」とギャルを誘った。

すると、新たな仕事を教えるからと、私をひっぱりその場を去った。

 

この人とギャルは結構仲が良い。

たまにお茶したりもしてるし、そのつどおごってもらえるから便利だと話していた。

でも、今日は勝手が違う。

何かイヤなことでもされたのかと心配したが、やたらと食事に誘われて困っていたらしい。

今回はタイミングよく私がいたので、その場を去る理由を作れたというわけだ。

 

「仕事が一緒じゃなかったらあんた(男)となんか食事しないから!」

そういって怒っていたけれど、しばらくしてまたその男と遭遇したら、とても仲よさそうに振舞っていた。

この使い分け、さすがである。

お菓子をもらったようで、私にもわけてくれた。

ギャルを敵に回さないようにしよう。

改めてそう誓ったのであった。