読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
底辺からなんとかはいあがろうとするも、やる気のないダメ人間の怠惰な日常

いもねーちゃん

さつまいもがおいしくなるこの時期、気づけば芋ばかり食べている。

スーパーやコンビニでは焼き芋を買い、家では炊飯器で芋をふかす。

超うめぇ!

こんな食生活を送る自分は名実ともに芋姉ちゃんだ。

 

芋は美容にもいいし、お通じもよくなるし、本当にすばらしい食材なんだ。

でも、歩くたびにおならが出てしまうこともある。

職場では気を付けているけど、道端とか誰もいないと放屁しちゃうことも多々あり。

バイオテロ

 

それでも芋がやめられない。

だっておいしいんだもん。

芋栗カボチャは女の好物というけど、ただ好きという感情ではすまされない。

お腹いっぱい焼き芋を食べたばかりなのに、次の芋が待ち遠しいのだ。

一度食べるともっと欲しくなってやめられない、常習性のある禁断の食材なのである。

芋の産地から取り寄せてしまおうかと真剣に考える師走。

今年も残りわずかなのに芋のことだけを考えている。