読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
底辺からなんとかはいあがろうとするも、やる気のないダメ人間の怠惰な日常

年賀状

遠くに住む友人や恩師には、毎年年賀状をだしている。

もらう数も減っているが、レギュラーメンバーから届くとうれしい。

しかし、ある人だけ届かず、忘れた頃にやってきた。

とりあえず届いちゃったから返事を出したのだろう。

 

あぁ、もうこの人には友達とは思われてないんだな。

長年、年賀状のやりとりをしていたけれど、もういらない人に分類されているのでしょう。

来年というか今年はもう出さないほうがいいか。

なんだか寂しい正月になった。

 

仕事は明日から。

また嫌な日々が続くけれど、生活のためにがんばろう。

こうして人に会わない生活を続けてると年賀状すらもらえない存在になってしまうが、それだけの間柄だったということだ。

年賀状1枚で相手との関係はいともたやすく壊れてしまうとは。

こうして友達関係がどんどん棚卸しされていき、精鋭だけが残るのだろう。

生き残ってくれる猛者はいるのか。