読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
底辺からなんとかはいあがろうとするも、やる気のないダメ人間の怠惰な日常

自分が動物であると思うとき

アラフォーは生物学的にいえば、子孫を残すにはギリギリでしょう。

しかし喪女には、そんなチャンスがない。

そして本人も産もうという気がない。

 

しかし、体はなんとか産ませようとしているのか、最近になってやっと生理周期が安定してきた。

ちゃんと決まった日に来るなんて、初潮を迎えてから初めてだよ!

それほどひどかった生理不順を放置していたのは問題だが(病院へ行ったこともあるし、筋肉注射を打ったこともあるが)、体が焦っているのかも、と感じることはある。

 

生理前のpmsは前から重かったけど、いまは日常生活に支障をきたすほどひどい。

妊娠の疑似体験をさせられている気分。

いいよ、そんなことしなくて。。。

 

何かと体が先走ってる感はあるが、肝心の性欲はまるでない。

そこは脳が勝ってるのか?

このまま仙人のように枯れ果てた生活を送る気配が濃厚なので、体もそれにあわせた行動をしてほしい。

でも、更年期障害は困る。

 

女って月の半分は何らかの不調があるし、本当に面倒くさい。

しかも、死後の世界では、子どもを産もうが産まなくても地獄行きだからね。

どんだけ男尊女卑なんだよ。

フェミニストたちは現在の処遇だけでなく、死後の世界についても差別だと訴えてほしいわ。

 これじゃ来世に期待したくても、ものすごく時間がかかるんだから。

真の男女平等な世の中になるまで時間がかかるだろうし、現世を生きる人がさくっと輪廻転生したほうが話が早そうである。

 

だったら信じなきゃいい話なんだが、死後の世界なんて誰にもわからないじゃない?

死んでから差別だと叫んでも手遅れだから、いまのうちに何とかしてほしいものだ。

血盆地獄に落ちても、喪女には血盆経をおさめてくれる遺族がいない。

石女地獄に落ちたなら、菩薩たちに頼るのがいいみたいだけど、そんな裏の手が使えるほど器用じゃない。

寺巡りが好きだから現世から拝みまくってるけど、それでなんとかならないだろうか。

そんなことを考えると気が遠くなるので、ぜひとも死後の世界での男女平等を実現してほしい。