読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
底辺からなんとかはいあがろうとするも、やる気のないダメ人間の怠惰な日常

ゆとり脳

昨日はものすごく忙しかったけど、ゆとりはさくっと帰った。

時間だからそれを咎めることはしないが、誰にもいわずに消えたのである。

ゆとりはどこへ行ったの?

職場は軽くパニクった。

 

ゆとりの退社時間を責任者が把握して、その少し前から声かけをすればいいのかもしれない。

でも、ちょうどそのタイミングで手がはなせなくなったら?

ほかの人もそれどころではない。

それなら上がりますと一声かけるか、メモでも渡してくれればいいのに。

相変わらず仕事は放置だからギャルたちは激おこ。

しかし、怒っても意味がないと悟ったようで、いないものとして扱うことにしたみたい。

 

ゆとりのやりかけたものを処理してたらほかに支障がでて、おっさんたちも激おこ。

残された私たちが尻拭いさせられる。

せめて報連相はしてくれよ。。。

今までバイトとかしたことないのかな?

悪い子ではないんだけど、典型的なゆとりだから昭和生まれの私たちは取説がなくて困っている状態だ。

仕事とは、なんて教えるとこからはじめるほど、いろんな面で余裕がないし。

でも、このままでは困るので、この人は何もわからないという前提で、仕事にきたらあいさつをする、それからこれをする、ということを一から教えていかないといけないと話し合った。

 

もうひとつ気になるのは、始業前に必ずトイレへ行くこと。

生理現象だから悪くはないけど、毎回行くのに職場へ到着するのはギリギリ。

仕事を始めるころには始業時間を過ぎていたりすることもある。

仕事中のトイレがOKだから、始業時間後でも大丈夫、という考えなのか。

異常に長いのだから、早めに来て用を足すなり、身なりを整えるなりすればいいのに。

したっぱがやるべき雑用をやらなかったり、自分がやるべきことをまったく理解していないのかもしれない。

これは何度も教えてるんだけどな。。。