読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
底辺からなんとかはいあがろうとするも、やる気のないダメ人間の怠惰な日常

好きなアイドルソング1「前のめり」SKE48

このブログのカテゴリ?ジャンル?は音楽だ。

いつもまったく関係ない不満ばかり綴っているけど。

音楽は好きだし、中途半端に知識はある。

それすら忘れかけているうえに、かなり半端すぎて使えないけれど。

 

ロックもクラシックもいろいろ好きだけど、そのなかでも好き歴がながいのはアイドルソング。

歌唱者の能力が低くて評価されにくいけれど、プロの音楽家がつくるものもあって良曲はかなり多い。

子どものころから好きなジャンルである。

 

ここ数年で一番のヒットは、SKE48の「前のめり」。

キラキラ輝くメロディーとテンポのよい疾走感がTHEアイドル!って感じだけど、そのなかに切なさが絶妙に盛り込まれている。

とくにサビが秀逸。

 

もう一度走ろうか~と、居ても立ってもいられず、の頭の音。

ここは半音下がっているように聴こえるけどそれがたまらなくよい。

この半音ずらす感じはJ-POPによくでてくるけど、切なさがものすごく感じられる。

↑中途半端だからこれをなんといえばいいかはわからない。。。

 

松井玲奈の卒業シングルだから彼女に向けて書かれたのかもしれないけど、歌詞がぐさぐさと刺さる。

サビもいいけど、二番のBメロがかなり刺さる。

 

僕の情熱は大人になるたび聞き分けがよくなって

急ぐ理由を忘れてしまった

 

そうなの、熱い気持ちは現実という冷たい風にさらされることで温度を奪われていく。

心の底にマグマのように眠っていても、それを起こすことはためらわれる。

自分で自分の可能性を決めつけて無難に生きる道を選んでしまう。

だからこそ、こんなにキラキラした未来が待っている「君」がまぶしくて直視できない。

聴けば聴くほど凹むけれど、それと同時になぜか前向きな気持ちがわいてくる不思議な感覚。

 

この曲を初めて聴いたのは、何かの歌番組だったとおもう。

AKB48はしってても、SKE48の歌はサビを聴いたことあるかも?程度だし、テレビでみても聴き流すくらい興味がなかった。

この曲が披露されたときも何かの作業をしていて積極的に聴こうという体勢じゃなかったと思う。

でも、イントロを聴いてなんじゃこの曲はー‼と思い、テレビに釘付け。

メロディーに先にやられたけど、聴いていくと歌詞もよくてパフォーマンスではなく字幕を追っていた。

 

終わってからもサビを反芻した。

たまたまその番組を録画してたので再びみた。

私は松井玲奈のことはよく知らなかった。

SKE48で人気があってAKB48の選抜にもいる、人気がある子なんだろうけどその割には地味な印象。

顔と名前は一致してもその程度の認識だった。

歌唱力やダンスのうまさもわからないけど、彼女の表情や動きが曲のイメージにあってるな、と感じた。

この曲もオリコン一位になってるだろうが、一般知名度は低い。

でも、もっと売れていい曲だと思う。

アイドルという先入観をとっぱらえば、かなり受け入れられると思うんだけどね。

今から注目されても主役が卒業してるから意味がないし、本当に残念だ。

 

前のめり

前のめり