読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
底辺からなんとかはいあがろうとするも、やる気のないダメ人間の怠惰な日常

ジャニーズでも好きな歌

ジャニーズの人たちにキャーキャーしないけど、彼らの歌は結構いいと思う。

プロの音楽家や山下達郎などの有名アーティストが手掛けたものが多いし。

欲をいえば、もっと歌唱力をつけてほしいけど、それが売りというわけじゃないだろうからこのままでもいいのかもしれない。

歌がうまくなったところでファンになるわけでもないし。

 

私が好きなジャニーズの曲・ベスト5(順不同)

 

■「言葉より大切なもの」嵐

 

ドラマの主題歌だった。

大野くんの歌い出しがよい。

思春期の甘酸っぱいストーリーにもよくあっている。

嵐はメンバーが主演をはるときに主題歌を担当するけれど、歌詞もメロディもドラマの内容にちゃんと合っているのがいい。

ただタイアップでつっこみました感がないところが好感を持てる。

デビュー当時の彼らにはいろいろあって悪いイメージしかないのだけど、思ったより売れない時代を経験しているからか、最近は嫌いではなくなった。

歌とはまったく関係ないけど、嵐というとどうしても昔を思い出してしまう。

 

この曲の作曲家の飯田さん、調べたらアイドル曲を量産してるんだね。

ジャニーズだけじゃなくAKB48系もあるみたいなので、今度チェックしてみよう。

 

■「オレンジ」SMAP

 

カップリングながら、抜群の知名度を誇る曲。

メロディの切なさもたまらないけど、好きなのに別れるというような歌詞が泣ける。

夕暮れどきに歩く二人のシルエットが目に浮かぶよう。

恋の歌なんだろうけど、世代的には君=森くんを連想してしまう。

 

■「宙船」TOKIO

 

中島みゆきが好きだし、本家は迫力があってたまらないけど、TOKIOバージョンも好きだ。

リーダーの泣きのギターがたまらない。

アイドルっぽさはまったくないけど、この曲のリーダーのギターは本当に好きだ。

長瀬の声もどんどん渋くなってるし、いい感じに成長できたと思う。

ジャニーズのなかでも、唯一ライブに行ってみたいグループだ。

 

フェスの映像をみたら、あの状況でもうちわをもってくるジャニヲタにびっくり。

TOKIOってアイドルに興味がない人からも好かれてるからいいけど、悪いフェス客に囲まれてたらもみくちゃのボロボロにされてたと思う。

ただ暴れたいだけの人って、場所取り地蔵とかに容赦なくアタックしてるし。

押さないでー!と叫ぶアラフォー女と、ウェーイ系フェス民の戦いに紛れる勇気はなく、フェス参戦は見送った。

下手なバンドよりちゃんとやってるんだし、自作曲もかっこいい歌があるけれど、彼らを取り巻くファンによって裾野がいまいち広がっていないように感じる。

ジャニヲタはもちろん、彼らにとって大事な存在だろうけど、なんかつき抜けられないのは根底にアイドルというのがあるからでは?

テレビでは老若男女に人気だし、もったいないなと感じることが多々あり。

でも、完全にアイドルをやめられないだろうから、難しい問題だよね。

と、蚊帳の外から好き勝手にいってみる。

 

■「抱きしめてTONIGHT」田原俊彦

 

ディスコっぽくもあり、ラテンっぽさもあり、歌謡曲らしさもある。

それぞれの要素を日本風にごった煮にしたようなメロディだけど、アイドルらしいキラキラ感と大人の哀愁も感じられる。

これぞ筒美京平マジックか。

トシちゃんの華麗なダンスがぴったりはまるんだけど、歌唱力が残念なのでリリース当時は曲のよさに気づけなかったのはここだけの秘密。

あの声で歌がうまくなったらものすごく合うと思うんだけどなー。

 

■「TAKE ME HIGHER」V6

 

当時はやっていたユーロビートがアイドルにしては珍しいな、という印象がある。

初期の曲はほかにもユーロビートが多いけど、この曲のサビだけなぜか好き。

サビ以外はわからないのに。

ほかの曲はサビ以外もわかるけど、なぜかサビしか知らない曲が気になるほど、琴線にふれるメロディなのでしょう。

ウルトラマンは見てなかった。

 

ほかにも名曲はたくさんあるし、KinKi Kidsなんかは歌謡曲テイストがいい感じで好きなんだけど、すぐ思いついたのはこの5曲。

最近の曲はことごとくわからない。

ドラマの主題歌になっててもピンと来ないんだよなー。

じっくり聴けば良曲が多そうだけど、アイドルというよりアーティスト的なかっこいい路線になりつつあるからあまり興味はない。

KAT-TUNのReal Faceとか、松本さんが作っただけあって、アイドルとは違うかっこよさがあるもん。

曲のかっこよさはわかるけど、アイドルソングとは違うような。

といいつつ、今回挙げた曲は王道から外れてるけど。

 

光GENJIや初期のSMAP、トシちゃん&マッチの昔の曲はかなり王道のアイドルソングだと思う。

このあたりも大人になってからよさがわかったので、そのうち。。。

子どものころは歌っている人が嫌いだと曲もマイナス評価になっていたが、曲には罪がない。

音で時代を感じられるし、改めて聴くと結構おもしろいんだけどね。