読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
底辺からなんとかはいあがろうとするも、やる気のないダメ人間の怠惰な日常

貧困の理由

うちの職場は貧困層が多い。

私もそのひとりだけど。

家族持ちで旦那も働いていてもお金がないという人は多い。

イマドキの子どもは塾とか習い事で金がかかるからか、と思ったけど、とくになにもしていないみたい。

旦那の稼ぎが悪いかといえば、決してよくはないけど生活は成り立つレベルだったりする。

 

それなのに、なぜ生活が苦しいのか?

その原因の多くは、ギャンブル、浪費癖、遊びだと感じている。

 

ギャンブルといえばパチンコ。

金がないといいながら、休みになれば打ちに行く人の多いこと。

たまにバカ勝ちしてるけど、9割は負けてる。

その額は何万円という単位。

どこに金があったんだ?

 

浪費癖は通販でカード払い、ブランド品を買いあさる、衝動買いなど、計画性のない買いものが多い。

気付く新しいバッグを持っていたり、つねに新商品をチェックしてはポチっとする。

自炊もほとんどしないから、お金がいくらあっても足りない。

 

休みの日はパチンコだけでなく、飲み歩いたりしている。

しかも昼からはじまり朝帰り。

これで生活が厳しくなるのは、子どもがかわいそうだ。

貧困層は救うべきという論調もあるけど、金や物資を与えるだけでなく、その使い方や生き方まで指導しないと税金の無駄になる気がする。

 

私はこんな派手な生活をしなくても貧しい。

それでも独身だと補助が少なくて腑に落ちないことばかりだ。

ただ、幸いにも体だけは丈夫なので、できるだけ世間に迷惑をかけないよう、死ぬまで働くのみ。

こうなったのも自分の責任だからね。