読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
底辺からなんとかはいあがろうとするも、やる気のないダメ人間の怠惰な日常

男はKuso!

ひさしぶりに昔の男を思い出した。

そいつはセックスのときでも説教する最悪なくそ男だった。

そんなクズにひっかかる自分のクズさを責めた。

そこまでして付き合う価値はないよね。

 

男ってセックスで欲求不満を解消するしかないのか。

それくらいKusoだった。

うんこ!

大便!

Shit!

 

いまでは顔も覚えてない。

でも、事象を思い出すたびに死ねばいいのに、とおもっている。

Kuso男は絶滅せよ!