読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
底辺からなんとかはいあがろうとするも、やる気のないダメ人間の怠惰な日常

緊張

ニートがギャルにまみれるという、社会復帰戦としてはかなりの荒療治をしていることもあり、緊張しっぱなしである。

出勤前後はもちろん、仕事中もオフの日もつねにドキドキしている。

仕事だけでなく環境にも慣れず、どうやって続けていけばいいかわからないからだと思われる。

ものすごくいやなわけではないけれど、自分の居場所ではないことは明らか。

そんなストレスが蓄積されている。

 

美人ギャルのおかげでギャルだからという偏見はなくなり、場になじめるように自分をかえる努力もしてみた。

しかし、人間の本質の部分でまじりあえないことがある。

私には「うぇーい」ができない。

がんばって挑戦しようとしたけれど、やろうとすることがストレスになる。

とにかく1日が早く終わらないかとばかり考えてしまう。

ここで続けるには「うぇーい」ができる人間にならなくてはならない。

それは私のアイデンティティにもかかわることであるが、表面的にでもうぇーいな人種になる努力をしないといけないのだろう。

仕事って大変だ。

 

バカになれる人は強い。

その意味が痛いほど身にしみる。

殻を破るというか、そもそも自分になかったものを取り入れる努力をしないと。

それができるようになるまで、この緊張はずっと続くのかもしれない。

ストレスで体がボロボロになりそうだ。