読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
底辺からなんとかはいあがろうとするも、やる気のないダメ人間の怠惰な日常

不可抗力

自分ではどんなにがんばってもどうしようもなく、策も尽きてお手上げ状態。

助けを求めようにも手は足りないし、きてもらったところで何も解決しない。

そんなときに八つ当たりされると、やりきれない気持ちでいっぱい。

 

業務に必要なものが壊れた。

それがないと本当に何もできないけれど、素人がすぐに直せる代物ではない。

私が壊したわけじゃないけど、使い方が悪いなら責められるべきである。

でも、壊れかけのものをだましだまし使っていたからついにそのときがきたともいえる。

 

その間に雑用でもなんでもやれることはやって、手があかないようにはしていたが、肝心の仕事はまったく進まない。

こういうときギャルたちは、どうしようもないからかわりの機械がくるまでほかのことを進めようと手を動かす。

しかし、クソオヤジたちはなにもしない。

怒鳴り散らして仕事の邪魔はするけれど。

だったら早く修理にだすか新品を買ってくれよ。

電卓が壊れたら暗算すればいい、というのとは次元が違うのだよ。

店じまいするレベルで何もできないのはわかってるくせに!

 

自分の思い通りにならないと怒り狂うなんて子どもか。

上に立つならもっと余裕をみせてほしい。

血圧があがるよ~血管がきれちゃうよ~と思いつつ嫌みを右から左へ聞き流す。

 

そんな騒動の真っ只中、その機械がないとできない仕事をふってくるってバカなのかな?

あんたも知ってるだろうに。

復旧の目処がたたないから遅くなるよ、といったらキーキー騒いで出ていった。

こんなことでイライラするなんてプライベートが充実してない、心が満たされていないんだろうな。

かわいそうだと同情はするけれど、だからといってあんたのサンドバッグになってやるつもりはない。

謝りつつも指示に従わない意思表示をして帰ってきた。

どうなっても知らん。

 

クソオヤジにはおもいっきり臨戦態勢だけど、ギャルにはこうできない。

何だかんだで世話になってるしね。

クソオヤジは口だけだから血圧向上のお手伝いをしてあげている。

こういう人を怒らせるの結構好き。

大声を出せばびびるようなお年頃はすぎてるし。

娘より若いギャルにもなめられるくらいだから家でも居場所がないのだろう。

そしてその鬱憤を職場で晴らそうとしてるのもわかってる。

でもね、それを許すほど心が広くないんだわ。

明日もまだ直らないだろうから、もっともっと怒らせてゆでダコにしてさしあげよう。

 

イライラは肌にもよくないし、さっさと風呂に入って寝ようっと。

明日もクソオヤジとバトルするぞー!

毛細血管、どのくらい切れるかな?

そもそも毛細血管が切れるものなのかもわからなければ、切れてどうにかなるのかも知らないんだが。

小さくてもダメージを与えられれば勝ちっつーことで。