読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
底辺からなんとかはいあがろうとするも、やる気のないダメ人間の怠惰な日常

坐骨神経痛

右腰から足の付け根に痛みが走る。

坐骨神経痛の再発だ。

病名じゃなくて症状のことをいうみたいだけど、そんなことはどうでもいい。

痛いことには変わらないし。

 

以前は接骨院に通っていた。

幹部にパッドをつけて、電気なのか高周波なのかわからない何かを10分くらいあてる。

部位が部位なだけに、パンツを少しずらさないといけないのだが、これが恥ずかしいったらありゃしない。

男の先生だからというわけじゃなく、ヨレヨレだったりするからだ。

喪女は人前で下着姿になることなどないので、つねに油断しているのであった。

デザインもひどければ、安物で履きつぶした汚いパンツをうっかり履いていて、これならノーパンのほうがましとすら思ったものだ。

だからといってかわいいパンツを買う金はなく、せめて新品をと思って安売りのパンツを買った。

 

これがおわるとマッサージをされて、最後にマッサージベッドというべきところに寝かされる。

マッサージチェアのなかで動いてるやつがベッドに内蔵されたようなもの。

これが全然気持ちよくないし、意味がわからないので通うのをやめてしまった。

先生はすぐに顔と名前を覚えてくれるし、とてもいい人だったけど、毎日、少額とはいえ出費が続くのも痛かった。

 

それからしばらくして、整形外科へ行った。

そこではレントゲンをたくさん撮られ、湿布を貼られて終わり。

リハビリというかマッサージというか、どちらともいえない治療に通うようにいわれたけど、保険適応でも金がかかるので行ってない。

先生も悪い人ではなかったけど、あんなにレントゲンを撮る意味がわからなくて納得できなかったし。

都会と違って選択肢が少なくて困る。

 

こうして根本を解決していないので、疲労の蓄積やたくさん歩いたりすると痛みが出る。

いつも右側だけ痛い。

からだの歪みや肥満、運動不足など、原因がたくさんありすぎる。 

とりあえず湿布を貼って痛みをやわらげてるけど、また病院に行かないとダメかも。

年を取ると体にがたがきまくり。

これからは医療費も計算して生活しなくては。