読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
底辺からなんとかはいあがろうとするも、やる気のないダメ人間の怠惰な日常

カーテンの隙間から光が差し込み、朝の訪れを告げる。

スズメのさえずりも聞こえる。

一日がまたスタートしたわけだが、私はこれから就寝だ。

やっと寝られる。

 

仕事がなかなか終わらない上に、疲れすぎて寝つけなかった。

それなら酒でも飲んでしまえばいいけれど、わが家には料理酒とみりんしかなかった。

最近ではたいして料理もしないくせに、調味料は一般家庭よりもバリエーション豊かに取り揃えている。

香辛料も豊富だ。

 

料理はやればできるし、かなり凝ったものも作れるが、疲れはてるとそんな気力はない。

スーパーやコンビニで買ってくるか、もやしをレンチンしただけとか、えさのようなもので胃を満たすだけ。

文化的な生活を送れていない。

それでも、憲法25条はこんな生活でも文化的だと言い張るだろう。

だったら同じ生活をしてみろといいたい。

昔と比べたらマシとかいって終わりそうだけど。

 

不平不満愚痴はいくらでも出てくるね。

きりがないのでおやすみなさい。