読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
底辺からなんとかはいあがろうとするも、やる気のないダメ人間の怠惰な日常

どすこい!

思い出したように浴衣を引っ張り出してきて、動画を見ながら着付けにチャレンジしてみた。

ものすごくプラスにとらえても力士。

もしくは田舎の子ども。

きちんと着付けはできたけれど、まったく似合わない。

顔は純日本人なのに。

化粧や髪型をアレンジしてみてもかわらず、あまりの似合わなさに泣けてくる。

自撮りしてみたけど、あまりのひどさにそっこー消した。

 

もっと泣けるのは、浴衣を着ていく場所がないことだ。

祭りにも花火大会にも行かないし。

でも、せっかく着付けができたので、浴衣を着てどっかに行きたい。

浴衣の女性は無料!とかいうイベントでも行くか。

ぼっち喪女でも受け入れてもらえるかわからないけど。

自分が良くても周りに気を遣わせてしまいそうだ。

 

日本の伝統的な衣服でありながら、日常的には着られないとは難儀。

いや、堂々と着てしまえばいいのだろうけど、現代の日本では目立ちすぎる。

浴衣を着て歩いているだけで、子どもに指を差されるところをたくさん見てきた。

祭りでもないのに浴衣を着ると、好奇の目にさらされてしまうのだ。

もっとカジュアルに浴衣を着られるといいのになー。

 

着付けができれば、お祭りや花火大会デートのあとにラブホへ行っても問題なし!

という、宝の持ち腐れ的なスキルを手に入れた。

相手云々の前に、祭りの翌日も浴衣姿なんて、やっちゃったとしかいいようがないじゃないか。

そういう人たちが堂々と振舞えるよう、やはり浴衣の日常性が向上することを祈る。

私には関係ない世界だけど。